関連リンク
0198-23-3040
ホーム会社案内事業案内採用情報自動見積もりお問い合わせ
トップ  >  光触媒

光触媒

≪特徴≫

光触媒は光があたると触媒作用(化学反応の速度を変えること)を発揮する材料です。 光触媒作用を示す材料はいろいろありますが,酸化チタンがもっとも優れていると言われています。

酸化チタンとは
酸化チタンは通常は白い粉で白色塗料、白いプラスチック、白い紙の材料として多く使われています。また紫外線を吸収するので化粧品にも使われています。

酸化チタン光触媒
酸化チタン光触媒は結晶構造を少し異なるものとしたり、微粒子に加工するなど、光触媒効果を高めるためにいろいろ工夫が施された酸化チタンです。
紫外線を当てることにより、「分解力」と「親水性」の作用を発揮します。

1.分解力
様々な有機物を分解できるので,汚れや臭いの除去や抗菌作用が得られます. 光触媒は表面に付着したものを酸化分解するので、有機物汚れ(油やたばこのヤニなど)や表面に来た臭い成分を除去できます。また表面に付着した細菌の増殖を抑制する(抗菌)こともできます。ただし、表面にあるものだけに作用しますので離れたものを分解・除去することは出来ません。光触媒の効果は、一般に、光の量(紫外線)や光のあたる面積に比例します。

2.親水性
表面が水に濡れやすくなり,雨水がかかると汚れの下に入り込み、浮き上がることによって、汚れが流れ落ちます。また曇り止め効果も得られます。


≪用途≫


≪施行例≫


メディアページ

自動見積もり

カラーデザイン

サービス案内
当社について

建築業許可証

BigBulls-support