関連リンク
0198-23-3040
ホーム会社案内事業案内採用情報自動見積もりお問い合わせ
トップ  >  住宅塗り替え工事

住宅塗り替え工事

≪住宅塗り替え工事の基礎知識≫

1.そもそも塗装工事って何のため?

  • 1)屋根、外壁の耐水性を高め、建物を劣化から守る
  • まずこれが、一番重要な目的であると我々は考えます。
    人の肌だって、紫外線に当たれば皺やシミが出来、雨雪に当たればヒビやアカギレが出来たりするように、外壁材も素材の違いこそあれ、日光・風雨にさらされてどうしても経年劣化していきます。
    劣化が進むと、屋根などの金属部分は錆びて穴があき、外壁は剥がれ落ちたりヒビ・隙間が開いたりして防水機能が落ち、そして最後には内部の構造材が腐り始めたり、シロアリが発生したりして、建物の存続自体に問題が発生していきます。
    塗装工事はこれらの劣化現象の進行を食い止めます。
  • 2)美観を保つ
  • もちろん、新築の美しさとまではいきませんが、色褪せや汚れが見違えるように生まれ変わります。
  • 3)付加価値をつける
  • 近年塗料の開発が進み、遮熱塗料などの新たな付加価値をもった塗料が登場してきました。塗装工事によってこうした新たな付加価値をもった家に生まれ変わることができます。

2.相場はいくらくらい?

塗装工事会社にとって実は非常に答えにくい質問だったりします。
というのは、同じ面積でも下地の劣化状態や素材によって同じものを塗装しても金額が全く違うからです。これは下地調整にどれだけ手間をかけるかということによるのですが、困ったことにこの下地調整に手間をかけようがかけまいが、完了後の見た目にはほとんど違いがありません。数年後、塗膜が剥がれたり外壁がボロボロになり始めたりするかしないかで、初めて手間をかけたかどうかがわかります。
つまり、下地調整をほとんどしなくても、きれいに完成しますが、下地調整をきちんとしないとすぐに外壁が劣化し、無駄な費用をかけただけだったということになりかねません。
その結果、国民生活センターによせられた訪問販売によるリフォーム工事の相談件数が年間6000件以上に上ることになるのです。
以上のことから、住宅の状態により金額が大きく異なるので、現場調査を行わない限り金額を提示することは難しいです。提示できてもあくまでも「目安」でしかありません。

3.どんな種類の塗料を使ったらいいの?

アクリル・ウレタン・シリコン・フッ素・無機など現在さまざまな塗料が発売されています。もちろん金額が上がるにつれて、耐候性が上がっていきますが、そもそも耐候性とは何でしょうか。
耐候性とは「太陽光や雨雪などの影響で変形、変色、劣化等の変質を起こしにくい性質のこと」です。
塗料に限って具体的にいえば、色褪せ、艶引・汚れにくい性質が劣化しにくいことです。屋根や外壁は、台風などによって小石や砂も飛んできたりして傷ついたりすることもあり得ますが、これについては言及されておりません。
ということは、10年くらい経過すれば、屋根・外壁にはそれなりの傷がで来る可能性があるということです。
これをふまえて、当社では10年単位での塗り替えを提案し、塗料も高い塗料ではなく、10年前後の耐候性を有する手頃な価格の塗料での塗り替えを提案しています。 もちろん、お客様の要望があれば高級な塗料も利用可能です。

≪塗装工事の流れ≫

  • STEP1 見積もり依頼
  •  電話・FAXにて見積もり依頼。住所電話番号、気になる個所をお伝え下さい。
  • STEP2 現地調査
  •  当社担当スタッフより連絡後調査に伺います。
  • STEP3 見積もり確認
  •  下地調整・塗回数・材料・工費の内容をそれぞれ確認します。
  • STEP4 契約後着手
  •  着手日程・工程の確認
     近隣住民への配慮
     色の選定
  • STEP5 工事完了
  •  立会検査


メディアページ

自動見積もり

カラーデザイン

サービス案内
当社について

建築業許可証

BigBulls-support